shucreamBlog

5億円欲しい。唐揚げ美味しい。

せめて僕の友達には読んでもらいたい仮想通貨バブルの話

はじめに

f:id:shucream0117:20180105234401p:plain

仮想通貨バブルですね。儲かってますか?僕は儲かっています。

最近ブログでも仮想通貨の話ばっかりで自分でもうんざりなので、一旦この記事を書いたらソレ系のネタはおやすみしようと思います。

さて、昨今CMや電車の中吊り広告や雑誌などで仮想通貨が取り沙汰され、身の回りでも実際に買い始める人が増えています。

大抵はまともな投資の知識もなくて(僕もですが...)、それでも儲かる相場環境なので結果オーライなのですが、いつか死ぬ前にこの記事を読んでもらえたら嬉しいなと思います。

勿論、世の誰が損しても儲かっても僕には関係ないのですが、せめて僕の数少ない友達ぐらいはなるべく幸せになってほしいなあ と思ったので少しだけ書いてみることにします。

この記事を読んでほしいのは、最近仮想通貨を買い始めた人で、特に草コイン(と呼ばれる低位コイン)ばかり買っている人です。

年末の紅白の有村架純可愛かったですね。

"草コイン" とは何か

「草コイン」というスラングがあります。これは元々 @tanaka_bot_1 さんが使い始めた言葉だと認識しています。

元々は、本質的に価値のないもの、もっと過激な表現をするならば「ゴミ」という意味合いで使われていました。

最近では、「高騰必至!厳選草コイン一覧!」とかいう記事が溢れてるじゃないですか。もう意味変わってきてますよね。

草コインを買おうとしている時、自分はゴミ(かもしれないもの)を買うんだという自覚を持ちましょう。

参考: detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

念のため付け加えておきますが、低位コインが全てゴミという話ではありません。

ただし、そのコインの価値がプロダクトの価値ではありません。

プロダクトとして優れているからといって、そのコインに不当に高値がついている状態を肯定する材料にはならないわけです。

あくまでも例えばの話ですが、電話代が1分10円だとします。そこに革新的な謎技術によってAコインネットワークを使ってAコイン1枚で1分間電話が出来るようになるとします。この時、Aコインには本来10円未満の価値しかありませんよね。しかしそのAコインが1000円とか10000円とかになっているのが今の草コインバブルです。

紅白は吉岡里帆さんも可愛かったですね...

仮想通貨とは何なのか

何なんでしょうね...

ただ、値段が上がったとか下がったとか、それが本質では無いのは確かですよね。

勿論、法定通貨も為替レートが変動してそこに利益を出すチャンスがありますが、それは通貨という仕組みがもたらす副次的なものであって本質ではないのは流石に誰でも分かる話だと思います。

しかし人々が値段の騰落に熱狂するあまり、開発サイドもそういった人々をカモにしようという潮流を感じています。

極端な言い方をすれば、開発する意思がないプロダクトのホワイトペーパー(コインの概要を説明するアレ)だけ出すと勝手にお金が集まってしまうという状態です。しかも多くの人はそれすら読んでないんじゃないかな...

結局のところ殆どの人は何なのか分からないものを買っていて、値段が動いて面白ければ買う対象はなんでも良いのでしょう。

乃木坂では齋藤飛鳥さんと白石麻衣さんが好きです。

買う対象の選定基準

じゃあ何を買えば良いんや!コラ!という話になると思うのですが、結局は買いたいものを買えばいいんですよね。

ただ、その「買いたい」という意思が自分の信念に基づくものなのかというのが一番大事なのだと思います。

例えば、有名人が「このコインがアツい!」と言ってたとして、それだけを理由に買ってしまった場合、信念の欠片もありませんよね。その有名人が売ったらあなたはどうしますか?

有名人(今だと特にブロガー)が声を大にして草コインを宣伝していますが、彼らの立場に立って物事を見てみるというのも面白いと思います。

つまりあなたが影響力のある有名人だとして、どういう状況下で草コインを宣伝しますか?自分の利益を最大化するように立ち回った時、最後に割を食うのは誰でしょうか?

あと、「メッチャ値段が上がってるしなんかスゴいらしいから買う」も同じように残念な例だと思います。これが一番あるあるですけどね。

そしてその後の値段の騰落に一喜一憂して消耗してしまうのは僕も経験があるし誰もが通る道だとは思うのですが、なるべく早く脱したいところです。

つまるところ、自分の頭で考えて結論を出す必要があって、これは技術的な知識や金融・経済の知識も必要になるため非常に難しいのです。

どれだけ詳しい人でも、5分10分で答えが出せるものではないんですね。

その上で、ある程度簡単に判断する方法としてはまずGitHubリポジトリを眺めるというのがあります。

GitHubとはプログラムのソースコードを公開する場所で、仕様に関する議論なども行われています。

例えば、 https://github.com/bitcoin/bitcoin これはビットコインのリポジトリです。

Issuesを眺めれば、現状の問題点や改善案などを一覧することが出来ます。Pull Requestsは実際にプログラムを書いて、取り込みを待っているものが一覧出来ます。

日付けを見れば、活発に開発が行われていることがわかりますね。

次に、実利用されているかどうかも大切になってきます。

例えばビットコインであれば、既にいくつかの有名店が決済で導入していたりするのは周知の事実ですね。

次に https://blockchain.info/ とかでトランザクションを眺めてみましょう。沢山ありますね。つまり使われていますね。むしろ沢山ありすぎて送金詰まってるし、手数料高いしツラいですね。。。

さて、こうしてビットコインについて調べているうちに「送金詰まってるし、手数料高いしツラい」という問題点が見えてきました。

じゃあこれが将来どのように解決される見通しがあるのか?もしくは無いのか?というのが、今後のビットコインの成長を見越した投資の判断材料の一つになったりするんじゃないかなーと思います。

さっきスッと貼った https://blockchain.info/ なんかも、まずこうしたサービスが存在していることがビットコインの利便性に一役買っていてエコシステムの一端を担っていると考えると、周辺サービスの充実度合いも投資判断の材料になり得るかな、とか。まぁビットコインに関しては今更なんですけども。

低位コインにおいても、本体と周辺サービスがどれだけ開発されているかはバロメータとして有用だと思います。

あとは、 https://coincap.io/ で時価総額眺めてみたりとか、発行主体?非中央集権?PoW?PoS?総発行数?半減期?プレマイン?うーん難しい言葉が沢山出てきましたが、「なんか凄いらしい」から、「○○がxxなので優れていて、反面で△△といったイマイチなところもある。」ぐらいまで最低でも説明できるようになると、じゃあその上で買うか?買わないか?という判断がやっとできるフェーズに来るんじゃないでしょうか。

佐々木希最高。

ビットコイン高すぎじゃない?

これこそ不当に高いんじゃないの?という。これもよく言われます。

高いですよね。わかる。わかる。手数料も高い。つらい。わかる。つらい。

news.bitflyer.jp

それに関してはこの記事がすごーーーーーくわかりやすく書いてくれているので、5万回ぐらい読んでほしい。

さいごに

当然ですが、トレードで利益を出すことを否定しているわけではありません。僕も散々売り買いしているし、マーケットメイカーは必要な存在でもあります。

ただ、何を買っているかわからずお金が増えたり減ったりすると精神がすり減ってつらいと思うし、仮想通貨の本質はそこじゃないし、

冒頭でも述べたように、せめてこのブログを読んでくれた身近な人ぐらいは正気になってほしいというだけです。

「ゴミ」などといった少々過激な表現も用いましたが、特定のコインを指して言っているわけではありません。

ですが、実際にプロダクトをリリースできず沈んでいったコインは数知れません。

何を買っても何を売っても本当に各々の自由だし、儲かれば良いという考え方もあります。

一見詐欺のように見えていたコインが突然神プロダクトを仕上げて世界シェアNo1に輝く確率も、極めて低いですがゼロではありません。

しかし、運良く儲かったとしてもそのお金をまた同じような方向に投げてしまうのであれば、いつかはきっとババを引かされる日が来てしまうかもしれません。マーケットはゼロサムなので、誰かが利益を出せば誰かが損失を出しています。

ギャンブルや宝くじもしくは寄付であるという認識があるのであれば別に良いと思います。博打として1000倍を夢見てお金を突っ込むのも良いでしょう。

でも、少なくとも「投資」だと考えているのであれば、折角頑張って働いて稼いだお金ですからもう少し大事にしても良いのではないでしょうか。

安達祐実さんのInstagram、筆舌に尽くしがたい良さがあります。

www.instagram.com

本年も宜しくお願いいたします。