shucreamBlog

5億円欲しい。唐揚げ美味しい。

家のネット回線を爆速にした

はじめに

f:id:shucream0117:20180530020807p:plain

GW明けに引越したんですが、新居のネット回線があまりにも遅くて、試行錯誤の末に爆速にしたという話です。

なお、これは前提として東京のマンションに光ファイバーのネット固定回線を引く場合のお話です。

結論

auひかりを使おう!!!!

(流石にこれだけだとアレなので、少し解説します。)

ビフォーアフター

回線速度は、MacBookPro(2015) + WiFi(AirMac 5Ghz) で測定しています。

それではまず、激遅だった時の回線速度を御覧ください。

f:id:shucream0117:20180530011646p:plain

え??????昭和?????平成も終わろうとしているのに??????昭和のインターネット?????

これがどのぐらい遅いかというと、ツイッターを見ていても画像がなかなか表示されないとか、そういうレベルです。

オンラインゲームはもちろん、Netflixやエロ動画なんてそりゃ全くスムーズに見れません。

ついでに言うと、僕は仕事でもインターネットを思いっきり使うので、とにかくこれじゃ生きていけないわけです。

次に、改善後の回線速度を御覧ください。

f:id:shucream0117:20180530012209p:plain

平成!!!!!!平成のインターネット!!!!!!!!!!!!!

AmazonPrimeVideoでバチェラージャパン2を見ながらでこの速度です。

他で帯域を食ってない場合は、70~80Mbps ぐらいが安定して24時間出る状態になりました。

変えたこと①

当初の激遅だった時の回線は、 Bフレッツ(so-net) でした。

まず出来ることは、IPv6による接続に切り替えることです。

blog.hisway306.jp

↑詳しくはこちらの記事に書かれておりますので割愛します。

上記の記事ではプロバイダがBIGLOBEですが、so-netも同様にIPv6オプションを提供しており、申込みを行うことで有効化されます。無料です!!

が、一つ気がかりな事として、 フレッツ光ネクスト のみで有効なオプションとのことでした。

我が家はBフレッツだったので、ダメなのでは...? と思いつつ申し込みをしたところ、2日後ぐらいにオプションが有効化された旨のメールが届きました。

ということで対応しているルーターを購入し、試してみたところIPv6による接続に成功し、速度は爆速になりました。

↑買ったのはこれです。

ところが2つ問題があり、

  • 有線機器をつなぐと(?)IPv6接続ができなくなる
  • 時々WiFiに繋がらなくなり、ルータの再起動が必要になる

という感じになってしまいました。 前者については問題の切り分けが出来ておらず、正直何が原因なのかはよくわかっていません。が、何かの拍子に突然IPv4での接続になってしまい、激遅回線に戻ってしまいました。

後者についても、何が原因かはよくわかってないですね...

何度か試行錯誤したのですが、安定せず困ってしまいました。

変えたこと②

そこで、 Bフレッツ から auひかりに乗り換えてみることにしました。

auひかりはIPv6接続をデフォルトにしており、周りで使っている人も速度で悩んでいる人は皆無であったため、試してみる価値はあると思いました。

結果としては先述の通り大成功です。

特に何も考えず、普通にセットアップするだけで快適な回線を堪能できるので最高です。

元々使っていたWiFiルーターであるAirMacをそのまま使える(別途何かを買う必要が無い)のもGoodでした。

回線事業者の選び方

回線が遅い場合、家によっていくつかの選択肢がありそうです。

【auひかりが使える場合】

おとなしくauひかりを使おう!!!!!!!!!

ググれば出てきますが、結構キャッシュバックキャンペーンをやっていたりもします(2018年5月現在)

【Bフレッツしか使えない場合】

Bフレッツは、フレッツにおいて一世代前のプランです。

この場合は、IPv6オプションを申し込んで諸々試行錯誤チャレンジするしかなさそうです。(僕が失敗したパターンですが...)

もしくは、出来る可能性は低いですが、戸建てタイプの回線を引き込めるかどうかをNTTとマンションの管理会社に問い合わせてみるのが良いかと思います。

【フレッツ光ネクストが使える場合】

フレッツ光ネクストはフレッツの新しいプランです。

これが使える場合、IPv6オプションでどうにかなるかもしれません。

僕はBフレッツでこれがうまくいかなかったのですが、公式にはIPv6オプションはフレッツ光ネクスト専用のオプションと言われているので、結果が変わってくる可能性はある...かなと思います。

デメリットとしては、対応のルーターを別途購入する必要があることです。

【その他回線事業者しか使えない場合】

知りません!!ごめんなさい!!!!

おわり

別途購入する機材が必要無いとか、実績ベースで考えても、やはり僕は今後 auひかり が使える場面ではこれ一択になるかなという感じです。

実を言うともう少しエンジニアらしいテクニカルな解決をキメたいな と思ったりもしたのですが、抱えている問題に対してこれが最もストレートな解決アプローチかなと思いました。

もちろんフレッツを解約するにあたっての違約金などもあるのですが、auひかりのキャッシュバックで相殺できたり、遅い回線で消耗し続ける事を考えれば多少の出費は受け入れて乗り換えてみてはいかがでしょうか!