プログラミング

現役Webエンジニアがディズニーのプログラミング教材で学んでみた

義務教育にもプログラミングの授業が組み込まれることが決まり、また社会のIT化の潮流によってプログラミングスキルが重要視されつつあるのを感じています。

既に様々な書籍・教材がある中で、なんとあのディズニーとコラボしたプログラミング教材があるとのことでびっくり。

今なら無料体験を受けられるとのことなので、早速トライしてみました!

テクノロジア魔法学校

ライフイズテック株式会社 という中高生向けプログラミング塾を運営する会社がディズニーとのコラボで開発したもので、その名も

『テクノロジア魔法学校』

かっこいい…

選べる3つのコース

  • ゲーム(Processing)
  • ウェブデザイン(HTML5, CSS3, JavaScript)
  • メディアアート(Processing,Shader)

初心者でも大丈夫

プログラミングに始めて挑戦するという方でも

「プロも驚くようなプログラミングの知識と経験を身につけることができる」と謳われております!

基礎編40時間、応用編60時間、計100時間分(※)の学習コンテンツをご用意。
週1でゆっくり学べば約1年。
毎日学べば数ヶ月〜半年と、自分のペースで進めることが可能です。

公式サイトより抜粋

料金

分割払い: 月々10,600 (手数料なし・金利0%の13回分割となり一括払いと同額)
一括払い: 128,000円(税別)

なかなか安くはない金額に見えます👯

無料体験してみた

実際に無料体験をしてみました!

オープンキャンパス(無料体験版)は、正式版第1章のストーリーや謎解き、
レッスンをショートにした無料体験版となります。

公式サイトより抜粋

ということで、製品版そのままではないものの近い内容に触れられる模様です。

雰囲気

Webブラウザで出来るゲームのような感じで、イラストに加えてBGMやキャラクターのボイスも流れ、話を聞きつつマップを移動しながら謎解きを行っていくといったような内容です。

「プログラミング教材」という匂いはなく、ゲームとして楽しめるような感じになっています。

一章の内容

マウスのクリック、ドラッグアンドドロップ、スクロール など 本当に基本的な操作からスタートしました。

普段PCに触りなれている人からすると非常に退屈ですが、スマホやタブレットばかりでPCに触れたことがない人も多い昨今、初心者向け教材としてはここからのスタートになるというのも頷けます。

注意点

解像度の高いディスプレイを使用している場合は、マウススクロール時の練習時に躓く可能性があります…!
既に画面いっぱいにコンテンツが表示されてしまっているためスクロールをする余地がなく、それによりゲームのクリア条件であるスクロールイベントが発生しないため、意図的にウィンドウサイズを小さくする必要がありました。
普通のノートPC程度では問題ないかもしれませんが、4Kディスプレイなどを使用している場合は注意が必要です。

体験すると郵便物が届く!

ポストカードと製品紹介のパンフレットですが、よくある分厚い冊子ではありません。
封筒の紙の質感にもなかなかこだわっている感じがありました。
ここまで言うのを我慢していましたが、なんとなくハリー●ッター感があります😋

実際にプレイした感想

アフィ案件でもなんでもないので正直に書きますが、万人にオススメできるものではないと感じました。

章が進むに連れてどうなるかはわかりませんが、少なくとも体験の段階では物語のストーリーを追うことに割かれる時間がとても多く、肝心の “学習” の部分に充てられる時間はかなり少なかった印象です。

しかし逆に考えれば、“プログラミング=難しい” といったよくありがちなイメージを払拭するためにディズニーの世界観に浸かってもらうこと自体は悪くないように思います。

こんな人にオススメ
  • ディズニーが大好き!
  • 時間とお金に余裕がある
  • 効率よりも楽しさ重視

この教材ならプログラミングに興味を持って楽しく学べそう!と思える方にとっては良い教材である一方で、(時間的にも金銭的にも)効率よく学びたい!という方にとってはちょっと違うかなと思います。

お父さんお母さんが小中学生の子供にプログラミングに興味を持ってもらう目的で薦めてみたりするのは良いかもしれませんね😉

他の教材は?

今回ご紹介したテクノロジア魔法学校以外にも、オンラインでプログラミングを学べるサービスはいくつもあります。

まだ私自身が触れたことがないものが多いのですが、いくつか気になっているものを簡単にご紹介します。

N予備校

ドワンゴが運営するN予備校はなんと月額1,000円で沢山のレッスンを受講でき、優れた技術者が多数在籍する会社でもあるためその質には期待できます。

Progate

こちらは、無料で基礎レッスンが受講でき、さらに月額980円支払うことで応用・実践コースの受講も出来るようになるプラン体系です。

いずれも月額1,000円前後で幅広いレッスンを受講出来ることから、ディズニー教材が割高に見えてしまいます。(一体ロイヤリティいくら支払っているんでしょうか…笑)
N予備校やProgateのように技術にフォーカスした教材で興味を持てるのであれば、断然そちらの方が効率が良いのは明白です。

しかし世の中にはそうでない人も沢山居ると考えられるため、こうした有名キャラクターを活用した教材というのも必ず活躍するシーンはあると考えられます。

自分にあった学び方でスタートするのが上達のコツだと思うので、失敗しない教材選びに一役買えたら幸いです!

個人的には、次はN予備校のレッスンにトライしたいと考えています🙆

ABOUT ME
しゅーたん@shucream0117
しゅーたん@shucream0117
Programmer / Photographer / ブログを書いたりWebサービスを作ったりギターを弾いたり写真を撮ったりしています。焼き鳥とお酒が好きです😉